天板の塗装直し③ No.2240



《ダイニングテーブルの塗装直し》
神奈川県横浜市 E様宅


【Before(治す前の状態)】
天板修理1
天板のいたるところに輪染みがついて白くなっています。
また写真ではみえませんが、表面の突板(薄い木の板)がところどころ浮いていて、少し剥がれかかっていました。


天板修理2
少し見えにくですが、このようなシミが沢山ありました。




【After(治した後の状態)】
天板修理3
表面を1度研磨してシミを取り、その後ウレタンサンディングを何度か重ね表面を平らにして行きます。
その後ウレタンを噴きます。塗膜感を出さないようにつや消しウレタンを使用しました。


天板修理4
ウレタンは熱や水に強いため、このような輪染みはめったにつきません。
ただし、お客様によってはウレタン塗装を好まれない方もいらっしゃるので、その時は
ウレタンと同じ効果のあるオイルを使用します。

 

 

 

カテゴリー:,